IT系の仕事をする兼業主婦と扶養の考え方

個人事業主となってIT系のフリーエンジニアとして働くのは男性ばかりであったものの、女性の姿が見られるようになってきている状況がある。着実にその人口が増えてきている背景には、主婦になってから兼業としてIT系のスキルが役に立つことが認識されてきている面が大きい。それに加えて兼業主婦として働く道を歩む考え方が広まってきているため、現代のトレンドに沿った仕事として計画的にスキルを身につけて結婚と育児を経ている強かな女性が増えているのである。その強かさは個人事業主としての働き方にも反映されていることが多くなっている。

収入が増えてしまうことが必ずしも家計にプラスにはならないことをよく理解して働く人が多く、夫の仕事先からの扶養手当が支給される範囲内で稼ぐようにしたり、健康保険における扶養家族内に入れるようにして稼いだりする賢明な女性が多いのが特徴となっているのである。個人事業主となるからこそ節税への意識も高く、配偶者控除などが受けられる範囲内に抑えることも考慮していることが多い。

兼業だからこそ何百万円という収入を得ることは難しいのが事実であるとよく理解しているからこそ、最低限の労力で収入を最大にするための賢明さがあるのが、兼業主婦として働く女性の特徴となっている。IT系の仕事は高収入となりやすいことから、それほど多くの仕事をしなくても上限額に達することも多く、それを目標にすることで無理なく働いているのである。