独立するという働き方のデメリット

IT系個人事業主のデメリットは、本業以外のこともすべて自分でしていかなければならない点にある。会社勤めをしているときにはデスクに座ってモニタを見つめ、得意なプログラミングだけをしていればよかったのだが、いざ個人事業主になると契約を取ってくるところから自分でやらなければならないのだ。契約交渉も自分でしなければならないし、契約書の作成や税金の処理など、会社組織では他人に任せておける細かい業務まで自分でやらなければならなくなる。得意なプログラミングだけをずっとやっていればいいというわけではない点が少々デメリットとなる。単純に、本業とする仕事以外の各種雑務処理に時間を取られてしまって、作業効率が落ちてしまうケースが多く見受けられるのだ。セルフマネジメントがしっかりできない人には、かなり難しい仕事である。

ただ、いつどんな仕事をするのかは自分でコントロールしていくことができる点はメリットとなる。副業もいくらでもやり放題であって、その気になれば大きなお金を稼ぎ出すことも可能だ。個人事業主なら、主婦にでもすることができるが、主婦の場合はあまりにも稼ぎ過ぎてしまうと、扶養を外れて確定申告はもとより各種社会保険料を自分で払わなければならなくなるので注意だ。しかしその分、世帯収入は上げられるので家族全体の豊かさはアップする。IT系なら自宅から出ずに赤字を抱え込まずに仕事ができるため、人によっては天職となる可能性もある。